【2001年版】アニメフルーツバスケット 10話 持久走と潑春【ネタバレ感想】

フルバアニメ10話アニメ_フルーツバスケット

【2001年版】フルーツバスケット 第10話のあらすじを紹介。【ネタバレ含む】
10話は潑春が初出です。マラソンします。
この記事ではネタバレを含むあらすじ、原作とアニメの違い、フルバ大好き私の個人的な感想をお伝えします。

原作コミックスでいうと3巻13、14話になります。

↓U-NEXTで【2001年版】アニメフルーツバスケット を観る!
※トライアル期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。
スポンサーリンク

2001年版 アニメフルーツバスケット 10話のあらすじ【ネタバレ】

2019年版1st season 9話 とほぼ同じなので割愛します。

2001年版 アニメフルーツバスケット 10話 アニメと原作の違い

細かいセリフがなかったりしますが、だいたい原作どおりです。

持久走の前に、由希と話す透に激突するプリユキの南ちゃんに、咲が電波攻撃するのはカットされています。

原作14話の最後、はとりの「一族中で俺を過労死させたいらしいな」のセリフはカットでしたね。

2001年版と2019年版1st seasonの違い

橋の下で透と由希が小さいころの武術の話になるシーンはカットでしたね。2001年の時点ではまだまだ謎だったのかな?全巻終わった今も謎なシーンなんですが。

※橋の下で透と由希が小さいころの武術の話になるシーン。(2019年版1st season 9話)由希の回想で、夾と潑春が武術をしているところを見ている。その由希を誰かの手が目隠しするシーンがあるんですね。全巻むちゃくちゃ読み込んでますが、あのシーンの意味がわかりません。でもアニメでカットしていないってことは意味があったのか?何かにつながっているのか?
服の感じから、由希を目隠ししたのは慊人っぽいんですけどね。

原作では若い紫呉と子供の潑春が話しているのを、由希が見ていて、誰かに目隠しされる。という描写なんです。

2001年版 アニメフルーツバスケット 10話の感想

2019年版1st season 9話とほぼ一緒なので割愛します。

2001年版 アニメフルーツバスケットを見るにはどうしたらいい?


2021年7月時点でアニメ『2001年版 アニメフルーツバスケット』が見られるのは、U-NEXT、dアニメストアです。

サービス名配信状況本数無料お試し期間
U-NEXT11万本以上31日間
dアニメストア4200作品以上31日間

おすすめは、本数11万本以上のU-NEXTですね。
圧倒的に観られる動画が多いです。映画やドラマもアニメもたくさん観たいひとはU-NEXTへ。

210,000本以上の動画が見放題!
※トライアル期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

アニメだけ見るというあなたにはdアニメストアをおすすめします。
古いアニメも新しいアニメも充実しています。


U-NEXTもdアニメストアも無料期間は31日間と長めなので、『フルーツバスケット』を楽しめますよ。

本ページの情報は2021年7月時点のものです。
最新の配信状況は 各サイトにてご確認ください。

2001年版 アニメフルーツバスケットが観たくなったあなた!Blu-ray BOXはこちら。

アニメは見てるが、原作は読んだことがないというあなた!ぜひこちらもどうぞ。

2019年から放送の1st season、2nd season、The Finalも記事にしています。こちらもどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました