『風光る』が45巻で終了したので感想を書くよ

風光る45巻感想マンガ・ゲーム
スポンサーリンク

『風光る』が45巻で終了したので感想を書くよ

渡辺多恵子先生、長い間お疲れさまでした。
無事に完結してくださってうれしいです。

表紙の幸せそうな二人、泣けてくるわ~

『風光る』あらすじ

幕末の京都で、壬生浪士組(後の新選組)に入隊志願した神谷清三郎。だが、実は彼は男装した少女・富永セイであった。父と兄と3人で診療所を営んでいたが、長州の反幕派の浪人により診療所は燃やされ、父と兄は殺されてしまう。セイも火傷を負うが、たまたま近くを訪れていた沖田総司に助けられる。壬生浪士組に志願しようとしていた兄の意志を継ぎ、また父と兄の仇を討つため、しかし当時女子はかたき討ちを認められなかったために、彼女は性別を偽り壬生浪士組に入隊したのだった。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

私が思う『風光る』の好きなところ

もともと渡辺多恵子先生の描く男性が好きです。
男くさくないっていうか。ほんのり優しいみたいなところ。

父と兄の仇討ちのために女の身で壬生浪士組に入隊したセイ。
命の恩人沖田総司に早い段階で女性とバレる。(韓流っぽい)
隊内でも、セイを女性と知っているのは総司だけ。
なんだかんだ厳しくも、女性として思いやっている総司がイイ!

総司がセイのことを好きと自覚するのが遅いけど、それもまたいい。

そして斎藤一の「どっきゅん」がいい。(笑)
斉藤先生好きだなー。最後出てきてくれてうれしかった。

またかなり史実に沿って描かれているんだな、と思う作品です。
読み終わってウィキ調べたら、沖田総司の臨終時に黒猫がいた話とありました。
(風光る45でも描かれています)

本当に細かいところでも史実に沿って描かれていたんでしょう。
渡辺先生、本当にお疲れさまでした。

『風光る』45巻 Amazonのレビューが大変なことに!

荒れてるんですよ。うん、まあ、わかるような気がします。

荒れている理由に関しては、アマゾンレビューをどうぞ。

私なりの『風光る45』最終回の考察


なんとなくセイちゃんが子供産んで、子供と二人で頑張って生きよう。・・・みたいな最後になるんだろうなと思っていました。(まあまあ当たり)

『風光る45』まとめ

実は私は1回目読んだときに、なぜセイに子供がいるのかが理解できなかったんですよ。
「え?誰の子供?」って。
Amazonレビューを見て、やっと意味がわかりました。
だって渡辺先生、あの問題(?)のシーン、アップばっかりでわかりずらいんだもの。
引いて描いたら、余計にものものしいシーンになってたからだろうけど。(>_<;)

そうみると、セイが涙ぐんでるあたり「あー、そうなのかな。」ってわかるくらい。

それでですね、セイの子供の父親の件でAmazonレビューが荒れているんですね。
ただ私も「セイが子供を産んで、子供と二人で希望をもって生きていく未来」を望んでたので、まああれで良かったのかなとも思います。

時代背景としても、「男性が見染めた女性をむりやり・・・」みたいなのはあったのかもしれないですしね。

ただねー、もっと描き方あったんじゃないかなと。
なんか、こう、二人の間にもっと!何かが!

またファンの方が言ってるように、「総司の子供」というところをファンタジーにしてほしかったとも思います。病気で重症だったからできないんだけどね。

なにはともあれ渡辺多恵子先生、長い間連載お疲れさまでした。
完結してくださってありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました